歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大

歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。虫歯などで義歯が必要になるケースでも、歯根部が損なわれていなければ上から冠のような形のクラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。しかし、根から抜いた場合はまず考えられるのは入れ歯ですが、その他に失った歯根を補うため、人工歯根を埋入するというインプラント治療が候補となります。
インプラント治療のほとんどが全部自費治療ですから、費用を払いきれるかどうか心配になる方もずいぶん見受けます。しかし、クレジットカードの分割払いや、デンタルローンなどと銘打って信販会社のローンで支払いができる歯科医院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。
全ての費用を現金一括払いできなくても、自分が希望する治療を始めることはできる状況になっています。
手術によってインプラントを埋め込んだ後は極力安静を保って過ごすのが無難です。日常生活には極端な制限はありませんが、負荷がかかる身体運動はしばらく行わないようにしましょう。
血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。
日頃から運動をしている方は、運動をいつ再開すべきか、歯科医と共通理解しておくことをすすめます。インプラントの手術してからしばらくの間、自分の歯がうずく反応もよくあります。
これは、人工物を埋め込んで他の歯の神経も刺激されて反応したためで、時間が経つにつれておさまってくるケースが自然な流れです。
ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、治療中に異変を感じたらすぐに歯科医に連絡することを忘れないでください。
インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、どのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。
特殊な外科的治療についても技術を要求されるのでたくさんの症例を治療してきた経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。また、それに加えて、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底している歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが歯科医を決めるためには重要なことです。様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた歯科医に頼るしかなければ、国外までも探しにいくことも考えるべきです。
インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。
長期間快適に使える歯を手に入れるため、決してあきらめてはいけません。
可能な限りの情報を集めることに努めましょう。皆さんがインプラント治療をためらう原因といえば、何といっても費用の問題でしょう。
保険適用外のケースが圧倒的多数で、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、インプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因でかなり費用が違うことも確かで、歯科医院が技術料をどう見るかで思いの外費用は違ってきます。
治療が終わっても、ずっと定期検診があるという点にも注意が必要です。
インプラントを埋め込んだ後、その歯は当然、虫歯にはなりませんが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスはずっと続きます。
もしも、インプラントの周りで腫れや出血があればそれはインプラント周囲炎の可能性があります。
放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから至急歯科医にかからなければなりません。
インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性は無視できないものがあります。インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが治療の一大関門となります。周辺組織の回復をすすめ、インプラントを固定させるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質が相当の妨げになります。
インプラント治療を順調に終えようとするなら、思い切って、治療が終わるまでの間はがんばって禁煙に励みましょう。どうにも入れ歯がしっくりこない、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にもインプラントは最適です。インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ人工歯をつけるため、入れ歯に比べれば費用はかかりますが見た目は入れ歯よりも自然な感じで自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。
何よりも見た目の自然さや快適な使用感を追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ