インプラント治療を始める前には、

インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、インプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。
既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保する問題が生じます。
また、美容整形であごの骨に手を加えた方も事故を引き起こす可能性が増します。
ただし、これらの既往症があっても治療不可と決めつけることはできないので歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは人工物を入れられた違和感を感じています。数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないように歯みがきも気をつけてください。
もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、その原因を究明し、対応することが求められます。我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。
インプラント治療の費用も医療行為ですが、全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんがただし、問題なく医療費控除を受けられます。
手間はかかりますが、年一回の確定申告によって税金の還付を申告します。
確定申告を行うときには、治療のたびにもらっている領収書が必ず要求されるのでもらったものはしっかり取っておいて暦年で申告することになるので、保管しておいてください。
治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、入院して手術することはまれです。
出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。腸骨など自家骨の移植手術であれば大がかりな手術を入院して受けることもあります。このような難しい治療を行う場合、信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。せっかく完了したインプラント治療の費用も終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。
セルフケアを怠ってはなりません。食後の丁寧な歯みがきによるプラークコントロールを継続した上で歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことが必須条件です。インプラントが虫歯になることはありませんが、ひとたびケアの手を抜けばいずれ歯周炎などを引き起こすことになります。インプラント手術の未経験者にとってどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。
インプラント埋入手術では、術中、痛さを心配する必要はありません。麻酔が効いたことを確認した上で手術に取りかかるためです。
麻酔が切れれば、処置の仕方によって痛みが出てくるケースもありますが、痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療の費用も終わります。
それからも歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるのでその都度、費用がかかります。多くの場合、三ヶ月に一回くらいで歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。
定期検診を受ける費用は保険適用の治療が基本となり三千円程度かかることが多いです。従って、年間1、2万円くらいの出費は必要です。現状では、インプラント治療の費用ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなく検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。
ただ、「骨の厚みが足りない」や「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであれば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。
歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があれば少し前なら、インプラント治療の費用はできなかったケースでも治療ができるようになっています。よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を探して、問い合わせてみましょう。人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントはそれによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。
人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といった人体への親和性が極めて高い素材を使って作られているためです。インプラント治療の費用はほぼ全て保険外治療であり、その全額が自費になるのが普通です。もし金属アレルギーの不安があれば手術の前に、歯科医に相談するのが治療や手術への心配がなくなるでしょう。
歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、インプラント治療の費用は、あごの骨を掘って、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。
ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。
ですから、見た目を考えれば多くのケースではインプラントが優っていると考えられます。加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られるのが痛いところです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ