本当に選りすぐりのインプラント専門の歯科医

本当に選りすぐりのインプラント専門の歯科医に頼るしかなければ、国外までも探しにいくことも考えるべきです。北欧諸国はインプラント先進国といわれ、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけています。困難な条件に負けず、一生使える歯を求めるならすぐにあきらめることなく、できる限りの情報を手に入れることをがんばってみましょう。
入れ歯の装着に違和感があるという方、または単純に入れ歯は嫌という方には適用されるのがインプラント治療です。人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上に人工歯をつける治療で、ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、噛んだ感じが自然なので、食べ物も美味しく食べられます。
見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を重視する方には最適です。簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が健全であれば冠状の義歯としてクラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。
抜歯した場合の選択は、もし、入れ歯を採用しない場合、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込む方法であるインプラントを用いた治療になります。
インプラントの特徴として虫歯を気にしなくて良いのですが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。
インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診を忘れることはできません。
もしも、インプラントの周りで腫れや出血があれば歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。さらに深いところまで感染する可能性もあるため早急に診察を受けましょう。
多くの方にとって、インプラント治療を始めるとき心配なのは、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。
おおむね保険適用外で、当然のように全て自由診療になってしまうので何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても費用にはかなりの開きが出ますし、歯科医院が技術料をどう見るかで相当差が開きます。
また、定期的なメンテナンスも必要といったことも他の歯科治療と異なります。
これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、歯科医と、歯科医院の決め方です。
特殊な外科的治療についても技術を要求されるので症例数が多ければ多いほど良く、経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。
それはもちろんのこと、費用面での疑問に応えてくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底しているどんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも後悔しない歯科医選びの決め手となります。基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。
高額の費用を一度に用意できない方もまだまだ多いのです。
しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、デンタルローンなどの名称で信販会社のローン商品を使える歯科医院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。
治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、治療を始めることはできるケースが増えました。インプラント治療の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響は無視できないものがあります。
インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。
人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が治療の成否を分けます。周辺組織の回復をすすめ、インプラントを固定させるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質が例外なく阻害する働きをします。この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、最低でも手術から治療終了までの間、禁煙を決意してください。
外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後は痛みが落ち着くまでは、安静に過ごすように努めましょう。日常生活には極端な制限はありませんが、身体に負荷をかけるくらいの運動は避けた方が良いです。血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。運動を毎日のように行っている方は、歯科医の意見を聞き、再開時期を話し合うと安心できます。手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。
これは、人工物を埋め込んで付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることがほとんどです。別の原因が隠れていることもあり得るため、治療中に異変を感じたら放っておかずに歯科医にみせることに努めましょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ