例外はありますが、インプラント治療は保険適用

例外はありますが、インプラント治療は保険適用になることはまずありません。
全額自己負担が普通ですが、医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。確定申告することではじめて、医療費控除の対象になり税金の還付を申告します。確定申告をするときの注意点として医療機関で必ず発行している領収書が必ず要求されるのでなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう暦年で申告することになるので、保管しておいてください。
インプラント治療を始める前にチェックすることとして、あごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前にそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保するのがとても大事です。
また、美容整形であごの骨に手を加えた方も事故を引き起こす可能性が増します。
ただし、これらの既往症があっても治療不可と決めつけることはできないので歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでどれだけ痛いだろうと心配になると思います。
麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で痛さを心配する必要はありません。
切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術するのが普通だからです。術後、腫れがでるのに伴って多少の痛みはあるかもしれませんが痛み止めは頓服として処方されますので痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。希望すれば誰でも、インプラント治療の費用を受けられるとは言えずインプラントの埋入まで行けないこともあります。
けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「あごの骨の幅が足りない」ということならば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかればそれまでインプラントは適用されなかったケースも治療可能になっています。現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、探すことが必要です。長い期間と費用をかけたインプラント治療の費用は、治療後も快適な状態を維持するためにアフターケアが寿命を決定します。
毎日丁寧にブラッシングすることによるいわゆるプラークコントロールを完璧に行い、定期的な検診を欠かさず継続することが欠かせません。
インプラントが虫歯になることはありませんが、日頃のケア次第で歯周炎などの可能性があります。手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので術後の患者さんは、ほとんどが違和感を感じるのが普通です。
数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないようにひたすら辛抱が大事です。ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、早急に適切な対応をしなくてはなりません。
大至急歯科医にかかってください。
インプラント治療の費用では人工物を骨に埋入しますが、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金など金属アレルギーがほとんど起こらない素材を使っているためです。
健康保険が適用されるインプラント治療の費用はごくまれで、全額自費を覚悟しましょう。もし金属アレルギーの不安があれば手術の前に、歯科医に相談するのが一番良いでしょう。1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがインプラント治療の費用は、あごの骨を掘って、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。
ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。口を開けたところを見ればブリッジよりインプラントの方が優るというべきでしょう。
ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという辛さもあるのです。治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、全身麻酔になることはほとんどありません。
ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は安全を期すため、入院を求められることもあります。
加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、入院することや、複数の病院で手術することもあります。
これらのどこかに当てはまる方は治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。
手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療の費用が終了しても定期的に歯科医に診てもらう必要があるため異常がなくても維持費は必要になります。
多くの場合、三ヶ月に一回くらいで定期検診に通うことを指示されます。
定期検診を受ける費用は基本的に保険が適用されるのでたいていは三千円程度に収まります。
普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の維持費を見込んでおいてください。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ