インプラントは決して虫歯になり

インプラントは決して虫歯になりませんが、メンテナンスは自分の歯より楽ということにはなりません。
インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。
インプラント以外の自分の歯と同じように歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、完璧なセルフケアを目指してください。そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。
インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、失敗してもやり直しできないことが多い点です。入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なり人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、再び手術を行ってはじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。
インプラントの埋入も、骨を削るので手術時に神経を損傷する危険を伴います。
費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。
実際のところまだ定説になっていませんが、きちんとメンテナンスを行った場合は自分の歯と同じくらい保つとされています。
そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長い間自分の歯と同じように使えますが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければ取り返しのつかない事態が起こってしまうということを肝に銘じておくべきです。
全てのインプラント患者にとって、治療費の高さは重要な問題ですね。実際のところ、費用の総額は歯科医院ごとに差があると考えるべきです。
なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、費用を自由に設定できるのです。
それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。
欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度がおおよその相場と考えてください。一般的なインプラント治療は、3ステップあると考えてください。
第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というのがだいたいの流れです。
どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまでで約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。
義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。
ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行うありふれたケースのインプラント治療も院内感染が起きないと言えません。
治療を受ける歯科医院を選ぶときは、感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、キーポイントの一つです。感染症対策について、具体的な取り組みをホームページ上で公開している歯科医院もどんどん増えているので、そこで調べるのも良いでしょう。インプラント治療が適用されるケースとして、周辺の歯に関係なく治療したいと、患者が考えている場合です。
例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。
インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯のみに働きかける治療と言えます。
他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいという希望がある方には歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは骨との親和性が高くアレルギーの発症例も少なくなっています。
インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて本格的な治療がスタートするので納得した上で治療を始められます。治療が終わったところで、重要なメンテナンスを定期的に行っていくことで、安全性や快適性は長期にわたって確保されます。
インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、治療中でも、治療後もそれとわかることはめったにありません。
一見したところ、自分の歯と同じくらい義歯に見えない自然さでこれは義歯だと自分から言わない限り、いかにも義歯だと思われることはまずないと思って良いでしょう。
自然な見た目を重視している場合、最適な治療と言えます。インプラント治療を検討している方、大事なのはどんな歯科医にかかるかです。
治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも全て歯科医の腕に任されているので差は大きいと断言できます。
この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法だと考えて欲しいのです。とにかく入念に、歯科医選びをすることがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ