普通、インプラント埋入手術は日帰りです。部分麻酔を

普通、インプラント埋入手術は日帰りです。
部分麻酔を使うため、入院して手術することはまれです。ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は入院設備が整ったところで手術する必要もあります。あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。これらのどこかに当てはまる方は治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。
歯科医によっては、この患者にはインプラント治療の費用を適用できないとしてインプラントの埋入まで行けないこともあります。けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするなら治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。
最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すれば従来はできないといわれていた症例でも治療は決して不可能ではありません。
現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、探すことが必要です。ご存じの通り、インプラント治療の費用は保険適用になることはまずありません。
全額自己負担が普通ですが、しかし、医療費控除の対象ではあります。確定申告の一項目として、医療費控除は医療費を収入から引くサービスを受けられます。確定申告を行うときには、治療のたびにもらっている領収書が必ず要求されるのでなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。
長い期間と費用をかけたインプラント治療の費用は、治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、セルフケアを怠ってはなりません。毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールに注意を払い、さらに定期的な検診を欠かさず継続することを続けなければなりません。
インプラント自体は人工歯ですが、ひとたびケアの手を抜けば歯周病になることは珍しくありません。
人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。
術後の患者さんは、ほとんどが違和感を感じるといわれています。腫れが引いた頃には慣れてきますので、違和感を感じてもくれぐれも触らないよう我慢あるのみです。しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。
麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術の本番に入るためです。
術後、腫れがでるのに伴って痛みを感じることもあります。化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。
インプラント治療の費用の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんから当然、その度に費用を支払います。
特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい定期検診に通うのが一般的です。
定期検診にかかるお金は保険適用の治療が基本となり約三千円とみれば良いでしょう。
従って、年間1、2万円くらいのお金がかかると見積もっておきましょう。
人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーをきわめて起こしにくい素材を使っているためです。
インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、その全額が自費になるのが普通です。
余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方が治療や手術への心配がなくなるでしょう。
忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させる問題が生じます。
美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にも事故を引き起こす可能性が増します。
最新の技術を用いれば、これらの病歴だけでインプラント治療の費用ができないわけではないためきちんと歯科医に相談することが大事です。
欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。
そもそもインプラント治療の費用とは何かというと、あごの骨に開けた穴に人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。
見た目の問題を考えるとどちらかというとインプラントが高い評価を得るでしょう。
加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られる辛さもあるのです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ