インプラント治療を考えている方に

インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、治療終了後、義歯だと気づく人はまずありません。一見したところ、自分の歯と同じくらい義歯に見えない自然さでこの歯はインプラントだと自分でいわなければこれは義歯だと思われることも考えなくて良いのです。自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方にはこの治療方法を選ぶべきでしょう。
どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。
この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど全ては歯科医の裁量にかかっており差は大きいと断言できます。
この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法とされています。とにかく入念に、歯科医選びをすることがインプラント治療の結果を左右するのです。これからインプラント治療を始めようと決めても、治療にかかる費用は気がかりでしょう。
実際のところ、費用の総額は歯科医院や歯科医によって相当な開きがあります。インプラント治療はほとんど自由診療のため、費用設定は歯科医院に完全に任されています。しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。
歯一本分のインプラントで、40万円前後が一般的です。
高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、治療後のメンテナンス次第で本来の歯同様の耐久性を得られるとされています。
ということは、日頃のケアを欠かさなければかなり長い間保たせることができますが、セルフケアの手を緩めるとインプラントの維持が難しくなってしまうということを肝に銘じておくべきです。
一般的なインプラント治療は、3ステップあると考えてください。
最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。
人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。
というのが大まかなプロセスです。
時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでで約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。
義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんが治療後はほっておいていいとは言えません。義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。自分の歯のお手入れと同じように歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は失敗してもやり直しできないことが多い点です。
入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なり人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので万が一、人工歯根があごの骨に定着せずインプラントが定着しなければ再度、大がかりな手術を行って骨を大きく削り直すことになります。
また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、手術時に神経を損傷する危険を伴います。
歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、他の歯に影響を及ぼしたくないという患者の希望がある場合です。
ブリッジ治療で義歯を入れるとすればブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。
他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという希望がある方にはインプラント治療を考えた方が良いですね。
インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など十分な検査を行い、結果を検討した上で本格的に治療をすすめていくので安心して治療を受けることができます。
また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけば安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。
インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行う普通のインプラント治療の中でも、どうしても院内感染のリスクは伴います。
その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが命に関わる大事な問題です。
感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてウェブサイトの中で説明している歯科医院もごく普通になっているので、そこで調べるのも良いでしょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ