ほとんどのインプラント治療は保険適用

ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので高額の費用を一度に用意できない方もかなりいるようです。しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、いわゆるデンタルローンのような信販会社が作ったローンを利用できる歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。手持ちの資金が十分でなくても、インプラント治療の開始はできる状況になっています。
インプラントとクラウンがどう違うかというと、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。
虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、根のケア次第で冠状の義歯としてクラウンという義歯をはめられます。
抜歯した場合の選択は、まず考えられるのは入れ歯ですが、その他にあごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むインプラント治療を選ぶこともできます。
どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのはどこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。
一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるので様々な症例を診てきた経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。
それにとどまらず、必要な費用についてきちんと話してくれる、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも後悔しない歯科医選びの決め手となります。インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして他の歯の神経も刺激されて反応したためで、インプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることが多いです。
しかし、原因が他にあることも考えられるので、異変を感じた場合はすぐに歯科医に連絡することで早めの対応をしていきましょう。手術によってインプラントを埋め込んだ後は手術箇所が落ち着くように、安静に生活を送ってください。力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、明らかに負荷がかかるレベルの運動は避けた方が良いです。
血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。負荷のかかる運動を日常的に行っている場合、運動をいつ再開すべきか、歯科医と確認しておけばベターです。いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の歯科医の治療を受けようとすればどこの国までも治療を受けに行くことも十分あり得ます。インプラント治療は北欧諸国が特に進んでおり、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。
一生使える第二の歯を求めて、すぐにあきらめることなく、まずもって、情報集めに全力を尽くすしかありません。
人工歯としてのインプラントは虫歯の危険性は全くありませんが、歯周病には気をつけてください。
せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスは手を抜くことができません。
もしも、インプラントの周りで腫れや出血があればインプラント周囲炎の症状かもしれません。
放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。
喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性は決して看過できるものではありません。
一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることが治療の一大関門となります。
周辺組織の回復をすすめ、インプラントを固定させるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質が確実にマイナスの作用があります。快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、最低でも手術から治療終了までの間、しっかり禁煙するべきでしょう。インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、費用の問題も大きいと思います。
保険適用されることはごくまれで、全面的に自由診療になることが普通であるため失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによってもかなり費用が違うことも確かで、どの歯科医院を選ぶかによっても相当差が開きます。治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならないということも覚えておきましょう。
入れ歯で噛むと食べた気がしない、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にもぴったりくるのはインプラントです。
インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへセラミックなどでできた人工歯をかぶせます。
費用がかかることは確かですが見た目は入れ歯よりも自然な感じで噛んだ感じも自分の歯に近くなります。義歯でも、見た目や使用感を追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ