忘れてはいけないこととして、イ

忘れてはいけないこととして、インプラント治療の費用を始める前にあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。
既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させるのは必須です。
また、美容整形であごの骨に手を加えた方も治療にかなりの危険が伴います。
こうした病歴があっても、直ちに治療できないといわれる可能性は低いためきちんと歯科医に相談することが大事です。
手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので術後の患者さんは、ほとんどが違和感を感じるといわれています。
腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、違和感を感じてもくれぐれも触らないようひたすら辛抱が大事です。もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。
少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。
インプラント治療の費用では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。
ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。
見た目の問題を考えるとほとんどの場合、インプラントが良いと言えます。また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないという辛い面があります。例外はありますが、インプラント治療の費用は保険適用になることはまずありません。
全額自己負担が普通ですが、ただし、問題なく医療費控除を受けられます。
医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をして収入から医療費を控除されます。
医療費控除を受けようとすれば歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が医療費を払った唯一の証明ですからなくしたら再発行はできないと考え、他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。
この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、麻酔のために入院することはまずありません。
麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、入院することや、複数の病院で手術することもあります。
これらのどこかに当てはまる方は信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療の費用ですが、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。
人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といった人体への親和性が極めて高い素材でできているからです。ほとんどのインプラント治療の費用は保険がきかず、全額自費と考えてください。
余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと不安なく進めていけるでしょう。
理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療の費用を受けられるとは限らず、検査の段階で断られることもあります。
けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであれば決してあきらめる必要はありません。
歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があればかなり困難なケースでも治療ができるようになっています。
現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、探すことを勧めます。
歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。インプラント埋入手術では、術中、痛さを心配する必要はありません。
手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術の本番に入るためです。
手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては痛くなってくることもあります。
頓服の痛み止めが処方されるため激しい痛みが長く続くことはあまりありません。
歯科治療は全て同じですが、インプラント治療の費用は治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、デンタルケアを欠かさないことが重要です。日頃から丁寧に歯みがきを行い、プラークコントロールは欠かせませんし、自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受けることが、インプラント維持のために必要です。
インプラント自体は人工歯ですが、ひとたびケアの手を抜けば歯周炎などの可能性があります。インプラント治療の費用の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も定期的に歯科医に診てもらう必要があるためその都度、費用がかかります。
多くの場合、三ヶ月に一回くらいで歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。
定期検診を受ける費用は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず三千円くらいかかります。
従って、年間1、2万円くらいの出費は必要です。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ