インプラント治療の費用も医療行為です

インプラント治療の費用も医療行為ですが、普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に税金の還付を申告します。
確定申告を行うときには、歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が支払いの証拠となるためなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。
人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療の費用ですが、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。
外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金などアレルギーをきわめて起こしにくい素材を使って作られているためです。ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、その全額が自費になるのが普通です。
ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと治療や手術への心配がなくなるでしょう。歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。インプラント埋入手術を受けても、痛さを心配する必要はありません。手術部位には麻酔をしっかり効かせて本格的に手術を始めるためです。
麻酔が切れた後で、腫れてきたり痛みが出てくるケースもありますが、痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。
がんばって終わらせたインプラント治療も、治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、日々のケアが欠かせません。毎食後に磨き残しがないようブラッシングしてプラークコントロールに注意を払い、さらに異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことが、インプラント維持のために必要です。インプラントが虫歯になることはありませんが、ケアが十分でないといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。
理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、レントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。ただ、「骨の厚みが足りない」や「あごの骨の幅が足りない」ということならば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。
歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があれば以前なら、インプラント治療の費用は不可能とされていた症例でも治療は決して不可能ではありません。
あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして調べ、 相談してください。
一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。
使われるのは部分麻酔で、入院することはめったにありません。血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。
また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。
自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。
自分が当てはまるという方は、長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。
もし、インプラント治療の費用前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前に既往症を完全に治しておくことが必要条件です。美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方も事故を引き起こす可能性が増します。
もちろん、こうした既往症があるだけで絶対治療できないとは言えません。きちんと歯科医に相談することが大事です。
インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療の費用も終わります。それからも指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんから維持費がかかることを知っておきましょう。
特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。定期検診を受ける費用は保険がきく治療がほとんどなので、たいていは三千円程度に収まります。特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の維持費を見込んでおいてください。少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。インプラント治療の費用では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。
ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。
審美性を考えた場合、多くのケースではインプラントが高い評価を得るでしょう。加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られる覚悟もしなければなりません。
インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなので術後の患者さんは、ほとんどが違和感を生じるのが当たり前の反応です。
腫れがおさまると違和感は薄れるため変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるように我慢あるのみです。
もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。
我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ