インプラントは他の歯に影響ない

インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。人工歯根を埋め込んだことで、その周りの歯も、神経を刺激されて反応したのでインプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることがほとんどなので、気にしないでください。
別の原因が隠れていることもあり得るため、違和感がおさまらないときは速やかに歯科医の診断を受けることを心がけてください。
インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。
特殊な外科的治療についても技術を要求されるので症例数が多ければ多いほど良く、経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。
また、それに加えて、治療と費用の関係をクリアにしてくれる、きちんと感染症対策がなされている、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも最終的に歯科医を選ぶ決め手です。インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯を気にしなくて良いのですが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。
インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングは手を抜くことができません。ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればインプラント周囲炎を疑ってください。
自然に治ることはありませんので、一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。インプラント埋入は外科手術なので、術後は手術箇所が落ち着くように、安静に過ごすように努めましょう。力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、身体に負荷をかけるくらいの運動は控えることが望ましいです。
血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。運動を毎日のように行っている方は、いつから再開して良いか、歯科医と確認しておきましょう。
入れ歯で食べることに抵抗がある、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にも適用されるのがインプラント治療です。チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから人工歯をつけるため、入れ歯に比べれば費用はかかりますが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。
見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ