「2015年10月」の記事一覧

インプラントとクラウンがどう違うかという

インプラントとクラウンがどう違うかというと、歯根部が残っているかどうかの違いです。 虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、歯根部が損なわれていなければ上からすっぽりとクラウン治療が可能になります。しかし、根から抜い・・・

手術して人工歯根を埋め込んだ後、周囲

手術して人工歯根を埋め込んだ後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たものでインプラントが落ち着けば、その反応も静まる・・・

インプラント治療の成果を左右する生活習

インプラント治療の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響はかなり大きいというべきでしょう。インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定・・・

入れ歯では噛んだ感じがしない方

入れ歯では噛んだ感じがしない方や、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとってインプラントは最適です。人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上に上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、入れ歯に比べれば費用はか・・・

歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大

歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。虫歯などで義歯が必要になるケースでも、歯根部が損なわれていなければ上から冠のような形のクラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ