鳴かぬなら鳴かせてみせよう脱毛

Vゾーンの完成形をキレイに見せるための秘訣は、境目を分からないようにすることだそうです。そうするためにはまずVゾーンの毛を全部剃り落として全体的に毛の量を少なくしていくのがセオリーらしいです。そう言われると処理しきれていない形跡が分かってしまうと非常に恥ずかしいですからね。私の次の脱毛プランの候補に挙がったのはデリケートゾーンの脱毛です。Vラインだけは両ワキとセットの契約でお願いしていますが、Vラインは足の付け根に沿った部分だけで、アンダーヘアのほんの一部分にすぎません。もっと全体的に毛が生えている部分を狭くしたいし、もっと薄く見えるようにしたいんです。一たび脱毛の効果に目覚めると、違う部位の脱毛もしたくなるという口コミは良く見ていました。自分にはまだ関係のない話だろうと甘く見ていたのですが、その時は思いのほか早く訪れました。もともと人よりも毛が多く太いことに劣等感を持っていた私の関心は、もはや次の脱毛プランに向かっています。両ワキとVラインのムダ毛処理をプロに任せるようになってから、以前までは肌荒れがひどかった私のワキの下の肌質も見違えるようにキレイな状態になりました。今では肌トラブルの原因を作っていた剃刀はまるっきり使うことがなくなり、施術前の自己処理は主として電気シェーバーを愛用しています。これも、肌トラブルの解決に努めてくれるプロのエステティシャンの方の助言があったからこそです。陰毛の脱毛をする時に気を揉むことのひとつが、最終的なVゾーンの形です。大抵の脱毛サロンではVゾーン全体の広さやフォルムを希望どおりに注文することができます。多くの方が希望するのは、毛のあるところは小さくして形は逆三角形らしいです。VIO脱毛の施術範囲は、各脱毛サロンによっていくらかの違いがありますが、これは単に分け方の違いであって、アンダーヘアを全体で捉えた場合、どこでも似たようなものであるのが現実です。設定されている脱毛範囲の違いは気にしなくてもいいと言ってもいいでしょう。今ある脱毛サロンでは、どこでもVIO脱毛を何の心配もなく受けることができるようですが、十数年前までは必ずしもどこででもやってもらえたワケではなかったようです。大切な部分だけに、それだけ信頼できる技術力が求められていたことがその理由のようです。技術の進歩ってすごいですね。となれば、デリケートゾーン全てをまとめて施術してもらえるVIO脱毛しかありません。アンダーヘアってこれまでは生えているのが当たり前だという認識でいましたが、極力なくした方が実はいいらしいということも初耳でした。なんといっても生理の時に煩わしさが格段になくなるし、ニオイやムレを気にすることがなくなるそうです。欧州の富裕層の間では全剃りしてツルツルにするのが自然という話も聞きました。VIO脱毛はハイジニーナ脱毛ともいうそうで、実はハイジニーナとは「衛生」という意味らしいです。ハイジニーナ脱毛は衛生面を考慮しての脱毛であることがよく分かる豆知識です。そこで気になるのがVIO脱毛をどこの脱毛サロンで行うかなんですが、候補としては「ミュゼプラチナム」「エピレ」「ピュウベッロ」などがあります。回数・料金・その他の特徴など、VIO脱毛をするうえで参考になったサイトを紹介したいと思います。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ